人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本脳外傷友の会全国大会@広島

 久々の更新になってしまいました。すみません(*´ω`)っ この時期は研修会や上半期の事業報告などで毎年バタバタしてしまいます。体調が悪いのでは?と心配してくださった方もいたようですが…私自身はとても元気に過ごしています。ご心配いただきありがとうございました<(^∀^*)ゞ


 10月3・4日は日本脳外傷友の会全国大会が広島で開催されました。いつもに増して大盛況で会いたかった人を会場内で探すのも大変でした。初日には高次脳機能障害支援コーディネーター会議があり、全国から50名を超える参加がありました。厚生労働省の担当官も同席していただき、日ごろ感じている疑問や悩みを共有する場となりました。今回はこどもに対する評価や支援に対するテーマも挙がっており、対象者の幅広さを改めて感じました。高次脳機能障害の診断基準は平成16年3月に発表されたのですが、この中にこどもは含まれていません。基本的に症状は変わらないのですが、大人はすでに獲得された能力を基準に、苦手になった部分を評価し支援を組み立てるのですが、こどもの場合はこれから発達により獲得される部分も含めて考えていかなければいけません。学齢期では学校と福祉、文部科学省と厚生労働省の連携も必要になってくるのですが、上手な住み分けができていないのが現状です。ん~、むずかしいですね。私の経験上も、こどものときに受傷して大人になった人と、大人になってからの人は社会性などの部分での温度差を感じます。本人だけではなく、その人に関わる周囲の人々の考え方もずいぶん異なるし…。さまざまなことに気付いた一日でした(・∀・)


日本脳外傷友の会全国大会@広島_f0154533_851669.jpg せっかくの広島ですから、しっかりと観光も楽しみました。宮島は朝8時前だというのに修学旅行生でいっぱいでした。厳島神社は日差しがキラキラ。宮島から原爆ドームまでの船にのり、ゆっくりとした時間を過ごしましたヾ(o・ω・)ノ゚.+: まだ紅葉には早かったのですが、おいしいものもたくさん食べれたし、懐かしい人にも再会できたことに感謝です。

by fukushi-kankyou-2 | 2009-10-14 23:04